スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.01.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    スクワット

    0
      143歳、ボチボチトレーニングでも脚は発達してます。
      脚の筋肉が健康をつくり脂肪を燃やします。


      この写真は、パラレルスクワット。

      これ以上落ちると、大腿四頭筋から刺激が逃げて、大臀筋の関与が大きくなります。

      フルスクワットとパラレルスクワットは、どっちがいいとか悪いとかいう問題ではなく別の種目と考えるべきです。

      もちろん、スクワットの重量を競うなら、この下げでは浅すぎます。

      スクワットも競技でやるなら、ルールが必要となります。

      でも、ウエイトは筋肉に刺激を与えるものだと考えれば、いろんなフォームをやらなければいけません。

      1この写真はフルスクワット。
      ギリギリですけどね。

      太腿の上の部分が床と平行以下になるのがフルスクワット。
      大腿の下の部分が床と平行になるのがパラレルスクワット。


      もっと浅くなるクオータースクワットも、立派なエクササイズ種目です。

      でも、クオータースクワットで重量を自慢するのは馬鹿げています。

      重量を無理に重たくして、スクワットの下げ方が浅くなるのはまったく意味がありません。

      自分のスクワットがどれくらい下がってい5るのか、客観的に知ることは意外に難しいものです。


      クオータースクワットで200kgもって喜ぶ肥満体をたくさん見てきた結果が、LBGYMの「効かせるトレーニング」です。

      LBGYMで10年以上トレーニングされているこの方。

      「体育会系でない自分が、意外に続いているのが驚きです」と言われてました。

      今は、1分間トレーニングで乳酸を溜めて追い込むトレーニング。
      スクワットは、ちょっと重量もっています。


      トレーニングも色々考えてやると、退屈ではなくなります。

      今年の夏は、この脚の筋肉で、脂肪燃焼!
      あと5kgダイエットですね。


       

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.01.14 Thursday
        • -
        • 14:57
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        ブログ移転しました


        新しいブログです


        LBジムのHPです

        無料@アクセスカウンター

        Youtubeチャンネル登録お願いします



        お問い合わせメール
        lbgmjp@gmail.com


        アマゾン

        アマゾン

        アマゾン

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM