スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.01.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    これもボデイビル競技のタブーですね

    0
      ボデイビル競技に興味がある人には、ボデイビル雑誌を読むことを薦めます。

      日本で販売されているボデイビル雑誌は3冊です。


      でも、その3冊が3冊とも、表紙から薬物ビルダー登場。

      これじゃ日本でボデイビル競技が根付くのは不可能。


      世界的にスポーツ界はアンチドーピングの流れにあるのに、日本国内でこんな雑誌が販売されているのが不可解。


      ボデイビル競技に詳しい人は、薬物ビルダーは別物として無視できる人が多いけど、初心者には誤解する人もでてきます。

      努力すれば薬物ビルダーのようになれるなんていうのも勘違い。

      日本のビルダーも薬物を使用してるなんて言うのも勘違い。

      自分も薬物使ってこうなりたいというのは自殺行為。




      薬物ビルダーの写真を遠慮なく掲載してる出版社は社会的に大丈夫なんですかね?


      本来ならボデイビル雑誌こそ、アンチドーピングの先頭に立つべきなんですけどね。


      残念ながら日本でもステロイド使用者は若干名いるから、そういう人たちの副作用を特集すれば社会的も意味があると思うんですけどね。



      ボデイビルをやってるというと「ステロイド使ってるんでしょ」なんて言われて頭にきたボデイビル愛好者は多いと思います。


      その原因のひとつがボデイビル雑誌のステロイドビルダー特集であることは否定できません。



      せっかく世間のダイエットの知識がボデイビルに近づいてきた今の日本で薬物ビルダーの存在が、ボデイビル普及の妨げになっています。



      日本のボデイビル競技は完全な趣味のスポーツで仕事をしながらみんな頑張ってるということ前面に出していって欲しいものです。

      ボデイビルと身長

      0
         170cmの人が、160cmのボデイビルダー優勝者みたいになりたいと言われました。
        それに対して、「身長を含む骨格が違うからそれは無理です。自分なりにいいカラダを目指したほうがいいですよ」とアドバイスしました。


        そしたら、今度は、ハンマー投げの室伏選手みたいになりたいと言われました。

        それは、もっと無理ですよね。


        他のスポーツなら身長を無視したパフォーマンスを望むことは馬鹿げてると分かるんですが、ボデイビル競技だけは、身長は無視して考えがちです。




        165cmでアメフトやラグビーなどのパワースポーツをやっていれば、ほとんどの人がビルダーっぽく見えます。

        実際、ボデイビル競技で活躍してる人の多くは165cm以下。

        185cmのモデルさんの腕が細く見えるように、165cmのスポーツ選手の腕は太く見えます。


        もちろん、160cmのビルダーと同じカラダのバランスの170cmのビルダーが出てくれば、160cmの選手はかなわない可能性が高くなります。



        サッカーのドリブルは、最初は、小回りのきく160cmの選手の方が上手くなるのがはやいかもしれません。
        でも、時間をかけて180cmの選手が、同じくらいのドリブルのスキルをマスターすれば、160cmの選手は180cmの選手にかなわない可能性が高くなります。



        競技スポーツは理不尽なもので、身長という先天的な要素で左右されることが多くなります。


        ボデイビル競技では、初期の段階では、多くの場合、背の低い選手が有利です。




        身長が低くて筋肉質な人は、どしどしボデイビル競技に参加することをお勧めします。

        背が高い人は、背が高いビルダーの数は絶対的に少ないわけだから、それはそれで、ボデイビル競技をやることは面白いかもしれません。

        まあ、どっちにしても、日本のボデイビル競技は、趣味のスポーツであるわけですから、ボデイビル競技が好きなら、思い切って参加してみたらいいですよね。


        その場合、ボデイビル競技に占める身長を含む骨格の要素も頭に入れておくことは役に立つと思います。



        ボデイビルで「でかく」はならない

        0
           ボデイビルは健康管理でやるもの。





          ボデイビル競技は、ボデイビル競技の基準に合ったカラダをつくるために行うもの。


          ボデイビルで「でかく」なることはない。

          なぜならば、ボデイビルトレーニングで身長を含む骨格は変えられない。




          サッカー・長友選手は、いいカラダであっても「でかく」はない。



          実際、ボデイビル競技・愛好者に会うと、「思ったより小さい」、「ビックリするくらい小さい」と思うことが多い。

          もちろん、競技者としては、賞賛されるべきだが、「でかく」はない。




          ボデイビルは、自分なりにいいカラダをつくるためにやるもの。



          これを間違うと、ボデイビルが、ますます、世間から離れていってしまう可能性が高い。




          「知り合いからシュワルツネッガーみたいと言われたんだよね〜」と自慢そうに言う165cmのおじさん。




          ダルビッシュ2世とは190cm以上の選手を言うのが普通だが、ボデイビル愛好者は、身長を無視した思考が多いことが残念だ。

          | 1/1PAGES |

          PR

          calendar

          S M T W T F S
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>

          ブログ移転しました


          新しいブログです


          LBジムのHPです

          無料@アクセスカウンター

          Youtubeチャンネル登録お願いします



          お問い合わせメール
          lbgmjp@gmail.com


          アマゾン

          アマゾン

          アマゾン

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM