スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.01.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ストリクト

    0
      ストリクトがいいかチーテングがいいかという論議は無意味です。
      なぜならば、どちらもウエイトのテクニックのひとつであるわけですからね。

      ストリクトとは反動を使わず正しい動作でバーベルを動かすこと。
      チーテングとは、反動を使い、一瞬負荷を逃がし、その後、筋肉に負荷をのせて刺激を与えるやり方です。

      そもそも人間の動作では、完全に反動を殺してストリクトで行うことはできません。
      必ず、どこかで若干の反動は入ってくるわけです。

      だからこそ、ウエイトでは、反動を極力殺して筋肉の伸展と収縮を感じながらトレーニングしたほうがいいわけです。

      基本はストリクト。
      チーテイングは、より効かせるテクニックとして利用する。

      ストリクとチーテングは、どっちが良くて悪いのかというものではないんですよね。

      「効かせるトレーニング」でも、当然、チーテイングは利用します。

      チーテイングを使ったトレーニングのみが正しくて、ストリクトは怪我をするなんて、とんでもない理屈ですよね。

      スポーツとウエイト

      0
        他のスポーツをやると、ウエイトほど関節にやさしい運動はないと再確認します。
        特に「効かせるトレーニング」は関節への負担を最小限にして、筋肉への刺激を最大にするトレーニングです。

        高重量を反動をつけて持てば、関節への負担が大きくなります。

        筋肉への刺激を大きくする方法は、重量を増やしていくだけではありません。

        フォーム、スピード、インターバル、可動範囲などを工夫して、刺激を逃がさないようにすれば、筋肉への生理的負荷は高まっていきます。

        ウエイトで、反動をつけて高重量を扱うのは、一種のスポーツ。

        スポーツ動作と筋肥大目的のウエイト動作は、正反対のものだと理解することが大事ですね。

        重量は関係なし

        0
          ブログは一方通行で誤解が怖いですよね。

          「効かせるトレーニング」は、高重量トレーニングを全否定したものではありません。
          そもそも、トレーニングのやり方なんて、まったくの自由!

          好きにやればいいんです。

          でも、効率を目指すならば、ちょっと効かすことを考えるのも手ですよ。


          このブログを読んで、高重量トレーニングの文句を言ってるなんて思われると辛いものがあります。
          まあ、そんな人はいないでしょうけどね・・。

          実際、高重量トレーニングをやれる人は大きいですからね。
          高重量でも効かせる体力と回復力があればガンガンやって欲しいものです。
          確かに、高重量をもてる人は大きいけど、高重量を目指して高重量がもてないとか怪我をしてやめてしまう人も多いですよね。

          健康管理のためやスポーツのための筋力トレーニングならば、高重量を持つことを薦める人はすくないでしょう。

          メタボリックが話題になる今の世の中だからこそボデイビルが日の目を見るチャンスです。
          それなのに、高重量を持たなければ筋肉は大きくならないという考え方はもったいない限りですね。


          「効かせるトレーニング」はまったく重量にはこだわらないトレーニングです。
          少しでも重たい重量を持てば筋肉が大きくなるという考え方は「効かせるトレーニング」では邪魔なんですよね。

          高重量で効くならそれも良し。
          軽い重量で効くなら、なお良し。
          なぜならば、重量が重たくなると関節への負担は大きくなりますからね。


          高重量で怪我なく効かせれる人にとっては、高重量トレーニングも筋肥大のために有効なトレーニングでしょう。

          でも、重量を自慢したり、回りの人に無理やり高重量を持たすのは勘弁して欲しいものです。
          それをやると、それこそトレーニングの押し付けにになりますからね。


          まだまだ高重量トレーニングが主流だから重さにこだわらないトレーニングを提唱することは価値がありますよね。
          まあ、重さにこだわらないでトレーニングしてる人はけっこう多いんですけどね。

          ジム全体で、高重量を持つ快感より効かせる快感を追い求めてるのは全国でもそうないでしょうね。
          1

          考え方ですね

          0
            1
            「20kgの超低重量ラットマシーンで大きな広背筋を創ったんですね」と誉められました。
            うれしんですけど、違うんですよね。

            重量は関係ないんですよね。
            使用重量と筋肉への刺激は違うわけです。

            150kgのベンチを挙げても大胸筋の発達の仕方は人によって違います。
            大胸筋であげてる人。
            三頭筋や肩であげてる人。
            脚であげてる人。
            もしくは反動であげてる人。
            まちまちです。

            重量ではなく筋肉への刺激の大きさを考えましょうというのが「効かせるトレーニング」です。

            筋肉を創ったのは、重量ではなく意識。

            重量を増やす以外の方法で、筋肉への刺激を強くしようというのが「効かせるトレーニング」なんですね。

            | 1/1PAGES |

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            ブログ移転しました


            新しいブログです


            LBジムのHPです

            無料@アクセスカウンター

            Youtubeチャンネル登録お願いします



            お問い合わせメール
            lbgmjp@gmail.com


            アマゾン

            アマゾン

            アマゾン

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM