スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.01.14 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    basic philosophy

    0

      LBGYMのトレーニングで最も強調することは「追い込むこと」。



      これは初心者でも変わりません。



      そのため、基本的に、回数は数えません。
      重量も気にしないようにご指導します。







      初心者の方が、1ヶ月くらいすると腹筋運動で追い込まれる姿を見ると嬉しくなります。



      腹筋、一日100回やったというのが、最も馬鹿げたことなんですよね。




      回数をやれるのは関節運動で筋肉の動きが意識されてない場合が多くなります。




      筋トレは、「できたできない」ではなく「効いた効かない」が基本です。








      追い込めるようになれば、初心者も上級者も関係ありません。

      後は、その人の体質や目的によってトレーニング内容を決めて実践するだけ。



      人と同じトレーニングをする必要はないし、そもそも、人と同じトレーニングなんてできないわけです。










      高重量を持つことを自慢する馬鹿はLBGYMにはいません。

      だから高重量持つ人をちやほやするコバンザメもLBGYMでは発生しようがありません。




      追い込めるようになれば、ベンチ50kgでも150kgでも関係ないわけです。


      その重量の差は、体格やフォームや経験によって生まれるだけのものですからね。




      acceleration and  gravity point

      0
         レスリング軽量級の選手が、ボデイビルのカラダにもっとも近い。


        加速度が少ないスポーツの方が筋肥大が起こりやすい。




        体操の跳馬は、加速度を活かして美しく跳ぶ。

        着地の瞬間は、当然、大きな筋肉は必要になるが基本は重心の調整。


        加速度の跳馬より静止のつり輪の方が筋肥大は起こりやすい。




        レスリングでも、フリースタイルより、グレコローマンの方が加速度が殺され、より大きな筋肉が必要になるし、筋発達を起こしやすい。

        グレコローマンで、持ち上げられる選手は、足をつかめないから、重心をづらして持ち上げられるのをふせぐ。


        つまり同じ60kgでも重心をヅラされれば、60kg以上の負荷を相手選手に与えるわけだ。



        デットリフトも初心者は、僧帽筋のほうに重心がのり、筋肉はあっても高重量を持つことはできない。

        初心者のデットは、失敗すると前に倒れ、上級者は、後ろに倒れる。

        これが分かるとデットは上がる。




        効かせるトレーニングは、つり輪が基本。
        高重量トレーニングは、重心を有利にすることが上手くなる。




        オリンピック・スポーツとは、加速度と重心を支配した人間たちの祭典。






        加速度と重心を支配するためには、筋力が必要になる。


        筋肥大のトレーニングのためには、スポーツとは逆の動きの方が効率的である。


        それば、加速度を殺し、重心を不利に使い、筋肉に負荷を与えること。



        それがわかれば、一般のスポーツ動作を理解でき、有利に、加速度と重心を使えるようにできる可能性が大きくなる。




        another excersise

        0
           サイドレイスには、三角筋に効かせるやり方と、僧帽筋に効かせるやり方がある。

          そういうと、「どっちがいいんですか?」って聞かれました。


          どっちが良いか悪いかではなく別の種目。

          ブリッジベンチと足上げベンチも別種目。


          グリップの位置ひとつで別種目になるというのが、効かせるトレーニングの考え方です。


          「背中に一番効く種目はコレだ!」なんていう人いますよね。


          言えることは、そういう人は信用しないということだけですね。


          80kgしか・・

          0
             このブログ読んだ人からこんな感想。

            「高重量持つ必要がないという意見には賛成です。私もベンチ80kgしかもてませんから」


            そこそこいい体の人でした。

            80kgしかもてなくても自分みたいな身体になれるという気持ちがあるんでしょうね。



            でも、この言葉には違和感を感じました。





            ベンチ80kgって、その持ち方=フォームや速度が問題だと言ってるのが、効かせるトレーニングの考え方。

            高重量ベンチのフォームで、80kgしかもてないなら、強くないですね。
            効かせるフォームと速度で80kgもてれば、相当、強い。





            根本的に、80kgしかベンチもてないというのが、効かせるトレーニング的には大間違い。


            重量は関係ないんですよね。



            そんな軽い重量じゃ駄目だとかいう人もいるでしょ。

            重量ではなく、どんな挙げ方してるかが問題なんですよね。







            こんなくだらないブログでも読んでくれる人がいるのはうれしい限りです。


            でも、なかには効かせるトレーニングを誤解している人いますよね。



            まあ、誤解されるような書き方もしてますけどね





            とにかく、ただ重たい重量挙げろ!では面白くないでしょ。

            速度やフォーム、それにインターバルなんかも考えた方が、トレーニングのバリエーションが増えますよね。




            なかなか、こんな会話が通じるトレーニングジムってないですよね。


            LBGYMメンバーだと、こういう話で盛り上がれる人が多いのがいいですね。



            効かせるトレーニングは面白い

            0
               LBGYMのトレーニングの基本は、個人差。


              重たいものを持てる人、持ちたい人は、そのフォームをご指導します。


              筋肉に効かせることを望む人には、効かせる方法をご指導します。


              ダイエット目的の人には、筋トレと有酸素運動の組み合わせ。





              目的に応じて、トレーニング方法が変わるのは当然です。






              だから、回数や重量などは臨機応変に変えていきます。







              効かせることが目的の人には、回数は数えないようにしてもらってます。


              つぶれて何回やるかが問題なだけですからね。


              高回数だと「引き締め」、低回数だと「筋肥大」なんていうのはまったく意味がありません。


              高回数だって、最後追い込めば筋肥大します。
              低回数だって追い込まなければ筋肥大はおこりません。


              そもそも、ウイエイトの目的は、筋肥大以外にはありません。


              高重量を上げたい人は、それは別の趣味。
              結果的に筋肥大が起こる可能性があるけど、それも、効いていなければ筋肥大しません。


              ダイエット目的のウエイトだって、筋肥大目的。
              だって、ダイエットしたら筋肉も落ちますからね。
              それを最小限に抑えるのがウエイトです。






              とまあ、これまで書いたことの繰り返し。





              最近、このブログを読み返したという奇特な方がいらっしゃっいました。



              なかなかいいこと書いてますよ(笑)。



              でも、まだまだ、高回数が「引き締め」効果なんていう人がいますからね。



              そんなのありえる?
              ウエイトを実践し、考えることができる人にはわかることなんでしょうけどね。




              でも、まあ、それが一般受けするんでしょうね。

              条件付き

              0
                昨日


                Kさんとやった胸が効いている。



                通常のボデイビルトレーニング。



                前提に、効かせることがありますからね。



                重量を追い求めることはしません。


                結果的に、重量があがることはいいこと。



                しかし、「効かせるトレーニング」では、重量が上がることは関節の怪我の原因になるから、避けることを推奨してます。


                「効かせるトレーニング」と通常のトレーニングは、まったく違うものです。



                それを分かった上での、通常トレーニング。



                別の趣味で、重量を狙うことは、まったく悪いことではありません。


                それを自慢したり、他人に強制したい、劣等感をもたなけば。

                まとめ

                0
                   トレーニング動作は、外部から同じに見えても、意識によって内容が変わってくる。


                  人間の動作自体、外部からは同じに見えても、その人の体型や意識によって、使う筋肉が違っている。

                  それが、スポーツ動作におけるフォーム改善のヒントになる。

                  トレーニングでは、意識によって、同じ種目でも別物になる。


                  例えば、同じベンチプレスでも、意識によって聞く箇所が違ってくる。

                  もちろん、意識によってフォームが変わる場合もあるが、外部からはその変化がわからない場合もある。


                  極論すれば、トレーニングは毎回違う種目をやっているということもできる。


                  それが、高重量狙いだと、効率的なの動作の追求になる。

                  それはスポーツ動作と同じになり、筋肥大目的のウエイトとは、離れて行く部分も多くなる。


                  だから、LBGYMでは基本的に、効かせるトレーニングを推奨している。

                  それは、効かせることを追求した考えるトレーニングのほうが継続しやすいという経験則も影響している。




                  以上、作日、トレーニング歴30年のHさんと話した内容の要約でした。

                  | 1/1PAGES |

                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << May 2017 >>

                  ブログ移転しました


                  新しいブログです


                  LBジムのHPです

                  無料@アクセスカウンター

                  Youtubeチャンネル登録お願いします



                  お問い合わせメール
                  lbgmjp@gmail.com


                  アマゾン

                  アマゾン

                  アマゾン

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM